×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



マイホームを共有名義にするときのメリット・デメリット

マイホームを共有名義にするときのメリット・デメリットは?

今回のテーマは、マイホームを共有名義にするときのメリット・デメリットについてです。マイホームを共有名義にするときには、メリット・デメリットがありますのが以下具体的にみていきましょう。

まず、マイホームを共有名義にするときのメリットですが、これについては下記のようなものがあります。

夫婦のどちらかが亡くなったとき
…相続財産が片方だけの持分になりますので、相続税の節税になります。

マイホームを売却して売却益が生じたとき
…夫婦ともに、3,000万円特別控除・軽減税率の特例または買換え特例が受けられます。

妻にも住宅ローンの返済があるとき
…夫婦ともに住宅ローン控除が受けられます。

次に、マイホームを共有名義にするときのデメリットですが、これについては下記のようなものがあります。

妻に収入がないとき
…固定資産税の負担などで贈与税の問題が発生する可能性があります。

妻に所得がないとき
…マイホームを売却したときの売却損の損益通算が、夫の持分相当部分からしか適用できません。

妻に住宅ローンの返済がないとき
…住宅ローン控除は夫の持分相当部分からしか受けられません。


両親の土地にマイホームを建てる際の注意点
二世帯住宅の住宅ローン控除の受け方
マイホームを共有名義にするときのメリット・デメリット
親からの資金贈与と贈与税
相続によって取得したマイホームの買換え特例
親の土地にマイホームを建てるときの税金上の問題
二世帯住宅の登記名義
マイホームを共有名義にするときの税金上の問題
マイホームのための資金調達
買換え特例の適用
消費者金融・高齢者・契約
民事再生法・特徴
インターネット申込み
業務提供誘引販売取引・規制
一部繰り上げ返済で利息は減るか
固定金利型のメリット・デメリット
印紙税の納付
建築基準法違反の物件の借換え
マイホームを売って損したら
財形住宅貯蓄の活用法
工夫された銀行ローン
金融機関によって金利が異なる
住宅用地・新築住宅の軽減措置
協調融資の特徴

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved