×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



二世帯住宅の登記名義

二世帯住宅の登記名義は?

今回のテーマは、二世帯住宅の登記名義についてです。

二世帯住宅にする場合、登記名義はどのようにしたらよいでしょうか?

結論から申し上げますと、税金という観点からは、二世帯住宅の場合の土地や建物の登記については、たとえ親子でも実際に資金を調達したり負担した割合で登記するようにした方がよいと思われます。

なぜなら、そのようにしないと、資金の贈与があったものとみなされ思わぬ贈与税がかかってしまうことになるからです。

では、具体的にはどのようなかたちになるのでしょうか?

これにつきましては、両親から住宅取得資金等を贈与してもらって贈与税の特例を利用する際には、その贈与してもらった資金を含めた総額を、子供夫婦と同居する両親がそれぞれ負担する資金の割合で登記するようにするとよいでしょう。

このようにすると、贈与税の問題は生じないことになります。


両親の土地にマイホームを建てる際の注意点
二世帯住宅の住宅ローン控除の受け方
マイホームを共有名義にするときのメリット・デメリット
親からの資金贈与と贈与税
相続によって取得したマイホームの買換え特例
親の土地にマイホームを建てるときの税金上の問題
二世帯住宅の登記名義
マイホームを共有名義にするときの税金上の問題
マイホームのための資金調達
買換え特例の適用
消費者金融・未成年者・契約
民事再生法
電話・FAX・申込み
クーリングオフ制度
返済期間を35年から25年に
返済中の繰り上げ返済と条件変更
マイホーム購入時の税金
借換え
3,000万円の特別控除と買い換え特例
自己資金力アップのための共有
銀行で住宅ローンを組む
公庫融資との相違点
固定資産税はいつ払う
公的融資の特徴

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved