×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



新築マイホームの固定資産税軽減

新築マイホームの固定資産税軽減について

今回のテーマは、新築マイホームの固定資産税軽減についてです。

新築マイホームの場合、どのような税額軽減の制度があるのでしょうか、

これにつきましては、新築のマイホームの場合、面積要件などを満たす住宅でしたら、新築後5年間または3年間にわたって固定資産税が半額になる特例があります。

ちなみに、税額軽減が受けられる住宅というのは、居住用部分の床面積※が50u以上280u以下で、総床面積の半分以上が居住用の住宅のことです。

※居住用部分の床面積
…マンションなどの区分所有権家屋については、共用部分の床面積を各戸の占有床面積の割合であん分・調整した後の占有床面積のうち、居住用部分の床面積のことです。

では、具体的にはどうなっているのでしょうか、以下それぞれについてみてみましょう。

マンションなど耐火構造の建築物や準耐火建築物で3階建以上のもの
…減額対象床面積は居住部分の120uまでです。家屋の居住用部分の固定資産税額の2分の1が5年間減額されます。

戸建住宅など上記以外のもの
…減額対象床面積は居住部分の120uまでです。家屋の居住用部分の固定資産税額の2分の1が3年間減額されます。


3,000万円特別控除の適用要件
住宅ローン控除の手続
住宅ローン控除の要件
新築マイホームの固定資産税軽減
マイホーム購入の際の固定資産税・都市計画税
マイホームを売却したときの3,000万円特別控除
土地を先行取得した場合の住宅ローン控除
住宅ローン控除制度
固定資産税・都市計画税の敷地の特例
マイホーム購入の際の消費税
住宅ローン・いつ借りたらよいか
収入が低い人・返済負担率
変動金利型・活用方法
妻からの贈与・繰上返済
借換え・担保評価・低い
住宅資金向け・積立商品
変動金利・固定金利・選び方
手数料・金利・有利
家族の収入・負債への審査
投資用マンション・利用
テレフォンローン
消費者金融・他社利用件数
ブラックリスト・悪徳業者
提携ローン契約

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved