×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



マイホームを売却したときの3,000万円特別控除

マイホームを売却したときの3,000万円特別控除について

今回のテーマは、マイホームを売却したときの3,000万円特別控除についてです。

マイホームを売却した場合の優遇措置には様々なものがあります。そんな中でもこの3,000万円の特別控除は最も代表的なものといっていいでしょう。

では、マイホームの3,000万円控除というのはどのような控除なのでしょうか?

このマイホームの3,000万円控除というのは、自分が住んでいるマイホームを売却したり、家とともに敷地や借地権を売却したときに、売却益(譲渡所得)から3,000万円の特別控除が受けられるというものです。

これは、譲渡所得が3,000万円以下であるなら税金はかからないということです。

さらに、共有名義のマイホームの場合は、合計で6,000万円が控除できることになります。

マイホームが夫婦や親などと共有名義の場合、共有者各自が要件を満たせば、それぞれが控除を受けることができるところがこの控除のポイントです。


3,000万円特別控除の適用要件
住宅ローン控除の手続
住宅ローン控除の要件
新築マイホームの固定資産税軽減
マイホーム購入の際の固定資産税・都市計画税
マイホームを売却したときの3,000万円特別控除
土地を先行取得した場合の住宅ローン控除
住宅ローン控除制度
固定資産税・都市計画税の敷地の特例
マイホーム購入の際の消費税
親・頭金を借りる・注意点
住宅ローン決定・販売業者
固定金利・特徴
繰上返済・有利なポイント
連帯保証人・連帯債務者
住宅ローン・借入限度額
住宅ローン金利・決定方法
フラット35(買取型)・利用できる人
銀行収入以外・審査ポイント
自動車ローン・審査
無人契約機・自動契約機・本人確認
リボルビング払い
全情連・全国信用情報センター連合会
過去の売掛金・クレジット

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved