×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



土地を先行取得した場合の住宅ローン控除

土地を先行取得した場合の住宅ローン控除について

今回のテーマは、土地を先行取得した場合の住宅ローン控除についてです。

さて、土地を先に取得した場合にも住宅ローン控除は受けられるのでしょうか、、、

そもそも住宅ローン控除というのは、居住用の家屋とその敷地が対象になります。なので、本来は土地だけの取得というのは住宅ローン控除の対象にはならないのです。

けれども以下のような場合には、一定の条件を満たせば、土地を先に取得する場合のローンについても住宅ローン控除の対象になります。

■家屋を新築する前2年以内に敷地を先に取得し、その土地の取得に充てるためのローン
…ローン債権を担保するため、新築される家屋に抵当権が設定されることが条件です。

■都市再生機構や地方住宅供給公社などと締結した宅地分譲契約に従って宅地を先に取得し、その土地の取得に充てるためのローン
…宅地分譲の条件として、一定期間内に住宅を建築することと、違反したときには契約解除などが行われることになっていることが条件です。

■家屋の新築とその敷地の取得に充てるため、住宅金融公庫などからの公的住宅融資などがあって、敷地の取得が先になるとき
…ローンの実行が新築工事の着工後にされることが条件です。

■宅地建物取引業者と締結した宅地分譲契約に従って宅地を先に取得し、その土地の取得に充てるためのローン
…以下の条件です。

・契約日以後3か月以内に住宅の建築請負契約が成立すること
・成立しないときは、その宅地分譲契約も成立しないこと
・宅地を取得する時点で、建築請負契約が成立していること

とはいえ、上記のように一定の条件を満たしたとしても、それですぐに住宅ローン控除が適用されるわけではありませんので注意が必要です。

というのも、実際の住宅ローン控除の適用は、その敷地の上に新築された家屋の取得のためのローンが発生するまでは、控除そのものは受けられないからです。わかりやすく言うと、敷地のためのローンしかない期間は住宅ローン控除は受けられないということです。

これはあくまでも家屋の取得のためのローンが発生してはじめて、これらを合わせて住宅ローン控除が受けられるということなのです。


3,000万円特別控除の適用要件
住宅ローン控除の手続
住宅ローン控除の要件
新築マイホームの固定資産税軽減
マイホーム購入の際の固定資産税・都市計画税
マイホームを売却したときの3,000万円特別控除
土地を先行取得した場合の住宅ローン控除
住宅ローン控除制度
固定資産税・都市計画税の敷地の特例
マイホーム購入の際の消費税
親から借金・借用書・作成方法
理想の住宅ローン・組合せ
固定金利選択型・選ぶときのポイント
繰上返済・重要な点
兄・収入合算
民間住宅ローン・所得合算
上限金利設定型
フラット35(買取型)・担保・保証人・保険
前年に海外勤務・収入証明
自宅兼事務所・ローン金利・経費
貸金の銀行送金・第三者名義・口座
信用情報機関・照会
全情連・登録人数
名前・住所・審査

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved