×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



住宅ローン控除の手続

住宅ローン控除の手続について

今回のテーマは、住宅ローン控除の手続についてです。

さて、住宅ローン控除を受けるための手続にはどのようなものがあるのでしょうか?

所得が給料だけというようなサラリーマンの場合は、1年目は購入や増改築等をした年分の確定申告をする必要があります。

この場合の添付書類としては、家屋・土地の登記簿謄本、住民票の写し、ローン残高証明書などになります。

また、サラリーマンの場合は、2年目以降は年末調整の際に控除を受けることができますので、2年目以降の確定申告は不要です。

けれども、自営業者などは、毎年、確定申告の度に他の所得控除や税額控除と合わせて申告しなければなりません。

ちなみに、住宅ローン控除の再適用とは、

これまで住宅ローン控除を受けていた人が、その後転勤などにより引越しをした場合でも、その後、転勤先から自宅に戻った場合には、転勤していた期間を除いた残りの期間※について、住宅ローン控除が再び適用されます。

※この転勤期間に自宅を貸していたときは、再居住年の翌年以後の残りの期間になります。


3,000万円特別控除の適用要件
住宅ローン控除の手続
住宅ローン控除の要件
新築マイホームの固定資産税軽減
マイホーム購入の際の固定資産税・都市計画税
マイホームを売却したときの3,000万円特別控除
土地を先行取得した場合の住宅ローン控除
住宅ローン控除制度
固定資産税・都市計画税の敷地の特例
マイホーム購入の際の消費税
親・借金・注意点
安定・返済計画・金利動向
金利・優遇幅
繰上返済・有利なローン条件
フラット35・収入合算
フラット35・収入合算
利用者の多い金利タイプ・期間
フラット35(買取型)・融資期間・要件
銀行・収入基準
カードローン残高・審査に落ちる
貸金の送金・現金書留
与信
無担保無保証
友人・プレゼント商品・クレジット利用

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved