×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



明渡裁決(あけわたしさいけつ)

明渡裁決(あけわたしさいけつ)について

明渡裁決とは、収用委員会が、土地の明け渡しに伴う損失補償、明渡期限を決める裁決で、土地収用法上の事業用地買収のための裁決の一つです。

起業者等からの申請で、建物等を撤去して土地の引渡しを受けるために行われます。

参考:
赤道とは、公図表示上の細長い地番の記載のない土地のうち、赤色で着色されているものをこう呼びます。いわゆる地図上の表記の俗称です。

関連トピック
違約金(いやくきん)について

違約金とは、違約罰のひとつで、契約に対する債務不履行があった場合に、相手方に対して支払う金銭のことをいいます。

通常、債務不履行(契約違反)があった場合には、民法415条により、その損害によって被った損害を賠償しなければならないこととなっています。

違約金の場合には、契約の際に、契約に違反した場合には、相手方に■■円支払うといように具体的な金額まで決めておくのが特徴的です。

違約金の性質については、民法420条3項の賠償額の予定が推定されます。この推定がなされると、違反者は損害が発生していないとか、損害は予想より実際は小さいなどと争うことはできません。

参考:
違反建築物とは、建築基準法やこれに基づく法令・条例に違反して建築された建築物をいいます。また、一度は適法な状態で建築されつつも、その後の増改築や用途変更等で違法になった建築物をいいます。

建築基準法では、特定行政庁は、違反建築物の建築主、工事の請負人又は現場管理者、その建築物の所有者等に対して、工事の施工停止を命じ、又はその建築物の除去、移転、改築、使用禁止等、その違反の是正のために必要な措置をとることを命ずることができるとされています。

不動産の表示に関する公正競争規約では、違反建築物の売買に関する広告をする場合で、再建築が不可能な場合は、「再建築不可」等の表示をしなければならないとされています。

違反建築物は、法令の改正等によって適合しなくなった既存不適格建築物とは異なります。

IPDインデックス
青田売り(あおたうり)
赤道(あかみち)
違約金(いやくきん)
入母屋屋根(いりもややね)
アウトサイダー
青地、赤地、白地、ドロ揚地
明渡裁決(あけわたしさいけつ)
入会権(いりあいけん)
イーピーエス
テリトリー制
登記の申請
道路法
特定社債管理会社
土地区画整理法
転貸借
投資信託の情報開示規制
ドーマー窓
特定投資信託
特別目的会社を活用した不動産の流動化
破産後ヤミ金融から勧誘
自己破産
借金の時効
特定継続的役務提供

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved