×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



青田売り(あおたうり)

青田売り(あおたうり)について

青田売りとは、本来は経済的に困った農民が稲が成熟する前に、収穫高を見越して先売りすることを意味します。

不動産業界では、不動産業者が工事完了前の宅地や建物を売買することをいいます。

また、青田売りについては以下の宅建業法による規制を受けるため、規制を満たさない違法販売をさすこともあります。

■広告の開始時期の制限(宅建業法33条)
■工事完了時おける形状・構造等の書面説明(同法35条1項5号)
■契約締結等の時期の制限(同法36条)
■手付金等の保全(同法41条)

参考:
アウトサイダーとは、社会の既成の枠組みに属さないで独自の思想によって行動する人のことです。門外漢、仲間でない者、局外者です。

特に特定の団体側からその団体に属していない業者等をよぶ意味でも使われます。不動産業界においても複数の業界団体がありますが、どの団体にも属さない業者のことをいいます。

関連トピック
青地、赤地、白地、ドロ揚地について

青地、赤地、白地、ドロ揚地とは、公図上に地番の記載のない土地をこう呼びます。由来は、公図として使用されていた字限図(あざぎりず)です。

青地(または青線)とは、河川や水路の敷地のことであり、赤地(または赤線)とは、道路の敷地のことです。また白地とは、公図上は着色されていないもので、地番の記載もない区画のことであり、ドロ揚地とは、白地の一種で、水路等に溜まった土砂を取り除く際の土砂貯留用地のことです。

これらは、すべて国有地です。

参考:
青田売りとは、本来は経済的に困った農民が稲が成熟する前に、収穫高を見越して先売りすることを意味します。不動産業界では、不動産業者が工事完了前の宅地や建物を売買することをいいます。

また、青田売りについては以下の宅建業法による規制を受けるため、規制を満たさない違法販売をさすこともあります。
・広告の開始時期の制限(宅建業法33条)
・工事完了時おける形状・構造等の書面説明(同法35条1項5号)
・契約締結等の時期の制限(同法36条)
・手付金等の保全(同法41条)

IPDインデックス
青田売り(あおたうり)
赤道(あかみち)
違約金(いやくきん)
入母屋屋根(いりもややね)
アウトサイダー
青地、赤地、白地、ドロ揚地
明渡裁決(あけわたしさいけつ)
入会権(いりあいけん)
イーピーエス
デッドスペース
登記請求権
建築基準法上の道路
特定行政庁
土地区画整理事業
テラスハウス
投資信託協会の自主規制
道路位置の指定
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
特定優良賃貸住宅制度
アドオン表示
裁判所からの訴状
借用書
クーリング・オフ

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved