×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



所有期間が10年を超えるマイホームの売却

所有期間が10年を超えるマイホームの売却について

今回のテーマは、所有期間が10年を超えるマイホームの売却についてです。

所有期間が10年を超えるマイホームを売却したときには、長期譲渡所得の税率が以下のように6,000万円以下の部分で軽減されます。

この特例は、譲渡所得の3,000万円特別控除とダブルで受けることができます。

譲渡所得が6,000万円以下の場合
・所得税は原則15%ですが、特例により 10% になります。

・住民税は原則5%ですが、特例により 4% になります。

譲渡所得が6,000万円超の場合
・所得税は原則15%ですが、特例により 15%−300万円 になります。

・住民税は原則5%ですが、特例により 5%−60万円 になります。


マイホームの買換え特例
マイホームの売却損と損益通算
所有期間が10年を超えるマイホームの売却
字限図(あざぎりず)
アセット・バック・セキュリティーズ(ABS)
マイホームの売却損の留意点
マイホームの売却損
3,000万円特別控除の留意点
アスベスト(石綿)
アセットアロケーション
事業者・個人データ・修正
免責不許可事由
貸金業協会・加盟していない業者
訪問販売
固定金利型と変動金利型
固定資産税の納め方
住宅ローン控除の確定申告
まとまった資金がない
友の会
提携ローン・直接ローンの利用方法
固定資産税の納め方
賃貸と持家の相違
物件の申し込みと重要事項の説明
中古住宅の広告の見方

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved