×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



マイホームの売却損

マイホームの売却損について

今回のテーマは、マイホームの売却損についてです。

マイホームを売却した際に生じた売却損は、一定の要件を満たしたものであれば確定申告をすれば損益通算が可能です。

損益通算とは、マイホームの売却などで損失が出た場合に、その損失をその年の給与所得や事業所得から差し引くことができるというものです。

また、その年に引ききれない場合には、さらに翌年以後3年間にわたって繰越して控除できますので、所得税や住民税の負担がかなり軽くなります。

※3年間の繰越控除で引ききれないものは、その時点で打ち切られることになります。

しかしながら、あくまでもこれは居住用の土地や建物に限られるということになっています。

居住用でない土地や建物売却損については、平成16年からは損益通算も繰越控除もできなくなりましたので注意が必要です。

では具体的に、売却損の額はどのように求めるのでしょうか

これについては、マイホームを売って新たにマイホームを買換えた場合と、マイホームを買換えなかった場合では、以下のようにその額が異なりますので注意が必要です。

マイホームを新たに買換え取得した場合
…売却価額−取得費等※

マイホームを新たに買換え取得しなかった場合
(1)売却価額−取得費等※
(2)住宅ローンの残高−売却価額
∴(1)と(2)を比較して小さい方の額

※家屋について減価償却費相当分を控除してください。


マイホームの買換え特例
マイホームの売却損と損益通算
所有期間が10年を超えるマイホームの売却
字限図(あざぎりず)
アセット・バック・セキュリティーズ(ABS)
マイホームの売却損の留意点
マイホームの売却損
3,000万円特別控除の留意点
アスベスト(石綿)
アセットアロケーション
コンプライアンス
免責手続
審査・面接
訪問販売・規制
返済途中での返済方法の変更
ネットバンクの住宅融資の内容
住宅ローン控除の住宅の条件
返済額軽減型はメリット
物件概要は重要
民間融資のタイプ
不動産取得税の軽減措置
賃貸と持家の質
購入物件と資金計画
中古住宅の広告

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved