×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



一時金(いちじきん)

一時金(いちじきん)について

一時金とは、不動産取引上の金銭の一つで、賃貸借等の設定の際に、借主から貸主に一時的に支払われる金銭等のことをいいます。

一時金には、新規賃貸借契約に伴うもの(敷金・礼金・権利金・保証金など)と、賃貸借契約の継続に伴うもの(名義書替料・更新料)があります。

一時金の性格は以下の4つです。

■預り金的な性格をもつもの
■賃料の前払的性格をもつもの
■権利の譲渡的性格をもつもの
■のれん代や営業権の対価に相当するもの

参考:
遺贈とは、遺言者が遺言によって財産を他人に与えることをいいます。受遺者とは遺贈により利益を受ける者をいいます。また遺贈義務者とは、遺贈を実行すべき義務を負う者であり原則として相続人をいいます。

遺贈は遺言者の死亡によって効力が生じますが、遺贈には相続人の遺留分を害することができないという制限があります。

関連トピック
一団の宅地建物の分譲について

一団の宅地建物の分譲とは、宅地建物取引業者が、10区画以上の一団の宅地や10戸以上の一団の建物の分譲を行うことをいいます。

一団の宅地建物の分譲には、以下のような規定があります。
・案内所を設置して分譲を行う場合には、標識を掲示しなければならない。
・案内所を設置して売買契約の締結や申込みの受付などをする場合には、選任の取引主任者を設置し、かつ、業務開始の届出をしなければならない。
・案内所で土地に定着した建物の中に設けられるもので行われた買受けの申込みなどは、クーリングオフが適用されない。

参考:
一時金とは、不動産取引上の金銭の一つで、賃貸借等の設定の際に、借主から貸主に一時的に支払われる金銭等のことをいいます。

一時金には、新規賃貸借契約に伴うもの(敷金・礼金・権利金・保証金など)と、賃貸借契約の継続に伴うもの(名義書替料・更新料)があります。

一時金の性格は以下の4つです。
・預り金的な性格をもつもの
・賃料の前払的性格をもつもの
・権利の譲渡的性格をもつもの
・のれん代や営業権の対価に相当するもの

イービットデイエイ
遺言(いごん)
意思能力(いしのうりょく)
異常硬化(いじょうこうか)
一時金(いちじきん)
移行地(いこうち)
遺産分割(いさんぶんかつ)
意思表示(いしひょうじ)
遺贈(いぞう)
一団の宅地建物の分譲
はがれ
パラペット
PC造
吹き付けタイル
物件検索
破産
歩合給
表示事項
附記登記
不動産業
住民基本台帳カード
消費者ローン
譲渡担保
クレジット

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved