×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



一般保証業務

一般保証業務について

一般保証業務とは、宅地建物取引保証協会が宅建業者が受領した預り金や支払金※についての返還義務などの債務を連帯して保証する業務のことです。

一般保証業務をする際には、保証協会は国土交通省の承認を受ける必要があります。

※この預り金や支払金についてはどのような名称で受領するかは問われません。宅建業者が相手方からこの取引の対象になる宅地や建物について受領する金銭はすべて該当します。ただし、金額が50万円未満のもの、登記後に受領するもの、報酬、保全措置が講じられている手付金などは除きます。

参考:
一般媒介契約とは、宅地建物取引上の実務用語です。

宅地建物取引業者が締結する媒介契約のうち、依頼者に対して特に制約を課さないものののことをいいます。専任媒介契約等と区別するためにこのように呼ばれます。

依頼者としては、一般媒介契約が締結されても他の宅建業者への依頼が制限されないので、有利な取引ができるのがメリットとなりますが、他方、宅建業者側にとっては、成功報酬を得られる保証がないので積極的な媒介行為を行わないといったデメリットもあります。

一般媒介契約には、明示型と非明示型があります。明示型は、他に依頼した業者名を明らかにするもので、非明示型は、他に依頼した業者名を明らかにしないものです。

ちなみに、一般媒介契約締結の際は、国土交通大臣の定める標準一般媒介契約書によるのが望ましいとされています。

関連トピック
移転登記について

移転登記は記入登記※の一つで、売買・相続などによって権利の移転が生じた時などに行われる登記のことをいいます。移転登記は、登記できるすべての権利についてなされます(附従性をもつ地役権を除く)。

所有権の移転登記は主登記で、それ以外の権利の移転登記は附記登記でなされます。

※記入登記とは、登記をその内容によって分類した場合、新しい登記事項が発生した場合にそれを登記簿に記入することを目的として行なうものです。

参考:
一般保証業務とは、宅地建物取引保証協会が宅建業者が受領した預り金や支払金※についての返還義務などの債務を連帯して保証する業務のことです。

一般保証業務をする際には、保証協会は国土交通省の承認を受ける必要があります。

※この預り金や支払金についてはどのような名称で受領するかは問われません。宅建業者が相手方からこの取引の対象になる宅地や建物について受領する金銭はすべて該当します。ただし、金額が50万円未満のもの、登記後に受領するもの、報酬、保全措置が講じられている手付金などは除きます。

アレンジャー(arranger)
あんこ
EC(イー・シー)
一般保証業務
囲繞地(いにょうち)通行権
アルコーブ(alcove)
あんどん部屋
言い値(いいね)
移転登記
委任・準委任
解除
調停と自己破産
借用書では壱弐参
小規模個人再生
私道負担
収益還元法
住宅金融公庫
ローン条件の変更と手続き
準都市計画区域
地盤沈下
借地権の存続期間
住宅品質確保法
準耐火構造・準耐火建築物
使用貸借

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved