×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金入門



マイホーム購入の際の印紙税

マイホーム購入の際の印紙税とは?

今回のテーマは、マイホーム購入の際の印紙税についてです。

マイホーム購入の際には、印紙税、登録免許税、不動産取得税、消費税などがかかりますが、印紙税というのは、契約書を作成したときに収入印紙を貼ることにより納付するものです。

印紙税の税額は、契約金額により異なるのですが、例えば、1,000万円超5,000万円以下なら20,000円、5,000万円超1億円以下なら60,000円というようになっています。

また、不動産の譲渡に関する契約書(不動産売買契約書や建設工事請負契約書)のうち、記載金額が1,000万円を超えるもので平成9年4月1日から平成19年3月31日までの間に作成されたものには、税額の軽減措置があります。

これは、上記の例でいえば、1,000万円超5,000万円以下なら20,000円が15,000円に、5,000万円超1億円以下なら60,000円が45,000円になります。

より具体的には以下の表を参考にしてください。

契約金額 本則税率 軽減税率
1,000万円超、5,000万円以下 20,000円 15,000円
5,000万円超、1億円以下 60,000円 45,000円
1億円超、5億円以下 100,000円 80,000円
5億円超、10億円以下 200,000円 180,000円
10億円超、50億円以下 400,000円 360,000円
50億円超 600,000円 540,000円

不動産取得税の節税策
マイホーム購入の際の登録免許税
住宅ローン控除の後、譲渡所得の特例を受けた場合
離婚による財産分与で取得した住宅と住宅ローン控除
両親を残して妻子とともに転勤した場合の住宅ローン控除の適用
マイホーム購入の際の不動産取得税
マイホーム購入の際の印紙税
住宅ローン控除の適用後、海外に転勤になった場合
所得が3,000万円を超えてしまった場合の住宅ローン控除の適用
住宅ローン控除と事業用の減価償却費
SBIモーゲージ・借り換え・融資条件
担保保証
フラット35・団信
ローンが残っている住宅・賃貸
手付金
スターワン住宅ローン・融資条件
住宅ローン控除・選択肢
買取型・保証型・異なる要件
融資・申込み・契約・スケジュール
資金援助・税金
貸金業者・身分証明書・携帯
任意整理
利息の計算
分割手数料

Copyright (C) 2011 マイホームの税金入門 All Rights Reserved